メイクアップアーティスト

メイクアップアーティストについて

メイクアップアーティスト

メイクアップアーティストとは、どんなことをしているかわかりましか? 聞いたことはあるけど、どういったことをしているのかはよくわからないという人も結構いると思うので、紹介していきます。

まず、メイクアップアーティストとは、テレビや映画、CM、雑誌、舞台、ファッションショーなどで、出演者達にメイクを行う技術者のことを言います。 そのような所で活躍することが多いです。

単にメイクと言っても、メイクをするだけではなく、その時の状況や役柄、服装に合ったメイクをするので、メイクに関する知識や技術だけではなく、肌や骨格、トータルビューティーなどの幅広い知識や想像力が、メイクアップアーティストには要求されるのです。

またメイクアップアーティストとは言いますが、メイクだけではなくヘアも同時に担当している人も多くいます。 なので、メイクアップアーティストでもヘアスタイリングの技術を身に付けている人もいいくいるようです。

日本では1972年に初めて、プロのメイクアップアーティストを養成する専門学校の「メイクアップアーチスト学院」という物が東京都の渋谷に出来たことで、徐々にメイクアップアーティストという職業名が知られるようになってきたのです。

現在のテレビ局では、美粧室と呼ばれていたのが「メイクアップルーム」に変わり、美粧さんと呼ばれていたのが「メイクさん」と呼ばれるように変わりました。

またメイクアップアーティストの仕事の活躍場所は、他にも、ブライダルやサロン、化粧品メーカーなどもあります。 そしてメイクアップアーティストの仕事をして実力をつけた人の中には、フリーランスになって、特定の企業などに所属はせずに、仕事を自分で見つけ、さまざまな案件をこなすという人もいるのです。

フリーランスで仕事をしている人であれば、案件ごとに依頼を受け、現場に行き仕事をします。出張メイクアップアーティストと思うとわかりやすいかもしれません。

フリーランスの仕事をしている人の中には、テレビ局やファッションアドバイザーと専属契約をしている人や、化粧品を自分でプロデュースしたりする人もいるのです。 このようにフリーで仕事をして活躍することが出来るということは、色々な面で高い信頼を得ることが出来るということを意味しています。

色々な経験を積む重ね、知識や実力を身に付けることが出来た人や、自分で仕事を取れるほどの行動力と人脈がある人は、このようにフリーランスになっても生活していくことが出来るのです。

またフリーランスで実績を積んで、自分のサロンを経営したり、専属アシスタントを雇って大きい仕事をする人もいるようです。

メイクアップアーティストの仕事に流れを簡単に説明していきます。 メイク道具を用意して、現場に向かい、その出演者が出演前にメイクをしていきます。 そしてその合間で、メイク直しをします。 仕事が終わったら後片付けをして、制作スタッフと次回の仕事の打ち合わせをします。 これが仕事の主な流れになっているようです。

その場の状況に応じて、臨機応変に立ち回ることが要求されるのです。

将来メイクアップアーティストになりたいと思っている子が結構多くいると思いますので、どうすればメイクアップアーティストになることが出来るのかを見ていきましょう。 まずは、美容系専門学校やメイク専門学校に入学し、卒業後にはメイクアッププロダクションやブライダルサロンなどに就職する道があるようです。

専門学校に入学すると、ヘアスタイリングやメイクアップの基本的なスキルを身に付けていくことになります。 そして現場で仕事するようになると、さまざまな人を相手に、あらゆる状況に応じて、ヘアメイクを行っていきます。

学校に通わずに、メイクアップアーティストを目指すことも出来ますが、専門学校で基礎や知識をつけておくことで、即戦力になって活躍することが出来るようになるのではないでしょうか。

またプロダクションなどでは、専門学校を卒業してないと採用してくれないケースもあるようなので、専門学校を卒業しておいた方が、採用の確率があがり有利なのではないでしょうか。

また美容専門学校では、美容師国家試験を受け、美容師免許を取得して、卒業後に美容師をして働きつつヘアメイクをするというような人もいるようです。

メイクアップアーティストの仕事で求められることは、丁寧で素早く仕上げることが出来る技術です。 現場では決められた時間の中で、ヘアメイクを完成させなくてはいけません。 なので、1人に対してヘアメイクをするのには20~30分程度で、素早く丁寧に仕上げなくてはいけないのです。 なのでその時間の中で、それだけ上手く仕上げるかが腕の見せ所なのです。

ただ素早ければいいという訳ではなくて、手を抜くことは許されませんから、段取りよく動くことが求められます。

また現場では、大勢の人と関わるので、円滑なコミュニケーションを心がけることも必要ですし、モデルやお客様との会話が上手に出来ることも望まれ、その場の空気を読んで、立ち回れるかどうかも大切なのです。

またモデルやお客様のニーズに応え、プロとして良く見せるための提案をすることも必要ですし、相手の期待・想像以上のものを作り上げることが出来れば、多くに人からお喜びの声が聞けるでしょう。

そしての世の中の流行を敏感に感じ、常に考えることが必要なのです。

このようにメイクアップアーティストになるに専門学校で勉強をすることも大変だと思いますが、基礎をしっかりしていれば、仕事をしてからも役に立つのではないでしょうか。 またプロになるには、やはり実践を積み重ねていかなければならないと思います。 すごく良いお仕事だと思いますので、なりたいと思うのであれば頑張って見てはどうでしょうか。

↑ PAGE TOP