化粧崩れ テカり しない メイク方法

化粧崩れやテカりをしないメイク方法について

化粧崩れやテカりをしないメイク方法

長時間化粧をしていると、化粧が崩れたり、テカったりすることはありませんか? 多くの女性が、化粧崩れやテカりで悩んでいるのではないでしょうか。

ではどのようにすれば、化粧崩れとテカりを防ぐことが出来るのかをいていきましょう。 まずメイク前に必ず洗顔をしてスキンケアをすると思いますが、スキンケアは、コットンにたっぷり化粧水を染み込ませたら、顔全体に丁寧にパッティングしていきます。

この時パッティングすることで、肌の内側に化粧水を染み込ませることが出来るのです。 触ってみて、ひんやりする感じになっていたら完璧です。

そして次に乳液やクリームを付けていきますが、量は少なめで大丈夫です。 そしてすぐ塗るのではなく、手のひらで馴染ませてから塗ることが大切で、両手を使い顔を包み込むようにしてしっかりと馴染ませます。

油分が多すぎてしまうと、化粧崩れやテカりの原因になってしまうので、注意しましょう。 もしつけすぎてしまったと感じたら、ティッシュを使い抑えるといいでしょう。

そして化粧水や乳液を塗ったから、すぐするのではなく、少し置いてからメイクをすることで、化粧崩れやテカりを防止できます。 約1~2分くらいでいいでしょ。どうしておくのかというと、肌に化粧水などが浸透する前にメイクをしてしまうと、ヨレやすくなってしまうからです。

またメイクをする時に大切なことは、明るい場所ですることです。 暗い所でやってしまうと、色むらが出てしまったりしてお気づくことが出来ませんが、明るい所でメイクすることで、色むらや塗り過ぎを見逃すことなくメイクできるからです。 そうすることで、メイクの仕上がりがすごく良くなります。 また明るい場所とは、出来るだけ自然光に近い場所の方が良いです。

またテカりやすい所と言えば、額や鼻などだと思いますが、テカりやすい部分には、油分のバランスを整える下地を使い、頬や顎には、保湿機能がある下地を使うなど、パーツによって使い分けることで、メイクが崩れるのを防止することが出来るのです。

下地の量は、大粒のパールくらいで十分です。 これ以上を使ってしまうと、崩れやすくなってしまいます。

そして塗る時も、頬、眉上、鼻の頭、顎に下地をのせ行きます。この時のポイントは、面積が狭い所には、少量、広い所には多めにするといいでしょう。

小鼻には、指の腹を使いトントンを念入りに軽く叩いていくといいと思います。 また下から上に向かって塗るということがポイントです。

下地をしっかり念入りにするだけでもだいぶ化粧崩れやテカりを防ぐことが出来るのです。なので、適当に塗るのではなく、丁寧に伸ばしていくように意識しましょう。

またファンデーションにリキッドタイプを使っている人が多いと思うので、リキッドタイプを紹介しますが、リキッドタイプのファンデーションを使うことは、塗り過ぎないことを注意しましょう。

使う時の量は、1円玉大くらいで十分です。 地につけてしまうと崩れやすくなってしまうので、薄く塗るようにしましょう、そして崩れやすい小鼻などは指の腹を使い密着させるようにすると崩れにくくなります。

そして頬から付けていくようにしましょう。塗り方は中心から外側に向かって伸ばしていきます。目の周りや小鼻に塗っていく時には、スポンジを使い軽く叩きこむようにしていきます。 薄く塗るようにしていても、稀に塗り過ぎてしまうなんてことがあると思いますが、焦る必要はありません。 そんな使っていないスポンジで軽く叩くように馴染ませるか、ティッシュで抑えるといいと思います。 この時に大切なことも、丁寧に伸ばしていくということです。

そしてフェイスパウダーを使う時には、しっかり付けましょう。 実は、フェイスパウダーには、皮脂や汗を吸収してくれて、化粧崩れを防いでくれる役割があるのです。

ブラシを使って付ける人は、余分な粉を落としてから付けるようにしてください。 パフを使って付ける人は、粉を付けたら、パフを挟むようにして付けていくようにしてください。

ブラシを使う時には、グルグルと円を描くよういして馴染ませていきます。

そしてメイクが完成したら、最後にしっかりチェックをしましょう。 このチェックも暗い所ではなく、明るい所で行ってください。

そして鏡に近くで見ることも大切ですが、少し離れた所から見ることも大切ですので、少し離れた所からもしっかりチェックした方が良いかと思います。

またメイクをする時には、あらかじめ産毛をしっかり処理しておくことも大切です。産毛があると産毛が邪魔になり、メイクと肌の密着度が悪くなってしまい、メイクが崩れやすくなってしまう原因になってしまうので、必ず産毛の処理をしておくといいでしょう。

このようにひと手間加えることで、化粧崩れとテカりが気にならなくなり、悩んでいたことも解決するのではないでしょうか。 これからの時期は暑くなって、崩れやすくなったりテカりやすくなってしまいますので、この方法を試してみてはいかがでしょうか。

↑ PAGE TOP