メイクアップリムーバー

メイクアップリムーバーとは

あなたはメイクを落とす時に、どのよういしてメイクを落としていますか? 間違ったやり方をしてしまうと、お肌にも良くありませんからしっかりとした、メイクの落とし方を覚えた方がいいでしょう。

では早速見ていきましょう。 まず、誰でも知っていると思いますが、顔全体のクレンジングを一気にしてはいけませんし、どのクレンジングを使うかでも、違ってくるのです。 クレンジング選びを間違ってしまうと、お肌が乾燥してしまったり、くすんでしまったりするので、「クレンジングだったらなんでもいい」という訳ではありません。 そしてメイクを落とす時には、アイメイクを先に落としてから、全体のメイクを落としていくようにすることが重要なのです。 化粧品によって使われている色素が違いますし、皮膚の薄さにも違いがあります。 顔全体のメイクを一緒に落としてしまうと、目元が色素沈着してしまい、目元の老化の原因になってしまうので、絶対にやめてください。

またすこし面倒かもしれませんが、アイメイクを落とすには、アイメイクのクレンジングが必要です。また目元の皮膚は薄いので、擦り過ぎないようにしてください。 また濃いと落ちづらいので、擦ってしまいがちですが、濃いメイクをしている時には、アイメイクは専用リムーバーを使い、丁寧に落としていきましょう。

ではどのように落とすといいのかを見ていきましょう。 アイメイクを落とす時には、リムーバーを使いますが、コットンを使います。 まずリムーバーをコットンにしっかり染み込まてください。量が少ないと摩擦が起こってしまいやすくなってしまうので、しっかり染み込ませてください。 そしたら、コットンをまぶたの上に約10秒ほど置いてからメイクを落とし、コットンでまつ毛をはさみ優しくふき取っていきます。 この時に注意しなくてはいけないことは、まつ毛が抜けないように優しくすることです。 そしてコットンは、片目で1枚使うようにしてください。 そしたら今度は綿棒を使います。 綿棒にリムーバーを染み込ませて、コットンを2つ折りにして、目の下に置きコットンと綿棒を使い、マスカラを落としていきます。 まつ毛の根元から毛先に向かって落として、コットンで落としたマスカラをキャッチします。そして綿棒が黒く汚れたら、新しい物に変えてください。 またアイラインもリムーバーをしっかり染み込ませた綿棒で落としていきます。 これでアイメイクは落とすことが出来ると思います。

現在では、色々なクレンジング・リムーバーがありますので、どれを選んでいいのか迷ってしまいますが、人気のリムーバーは、うる落ち水クレンジングです。 濃いメイクをしていても、メイクを浮かせてやさしく落としてくれるようです。ウォータープルーフタイプのマスカラであれば、擦ることなく簡単にすぐ落とすことが出来るようになっているのです。 またヒアルロン酸やビタミンB、ビタミンE誘導体を配合しているので、乾燥しがちな目元に潤いを与えることが出来るのです。 CMでもやっていましたが、軽くすべらせるだけで簡単にマスカラを落とすことが出来ますし、簡単に落とすことが出来るので、目に染みることもありません。 また擦らず落とすことが出来るので、まつ毛が抜けることもありませんから、便利ですし女性に優しい商品ではないでしょうか。

またパーフェクトリムーバーもおすすめになっていました。 落ちにくいメイクもしっかり優しく落とすことが出来るようになっています。 低刺激なので、馴染みますし、簡単にすぐ落とすことが出来ます。 このようにおすすめのリムーバーを紹介してきましたが、人によっては自分の肌には合わないという人もいるかもしれません。 肌に合わない時には、そのリムーバーやクレンジングの使用を中止しましょう。 ピリピリしたり、赤くなったりする時は、肌に合わない証拠なので覚えておきましょう。

またメイクを落とす時には、目に入らないようにしっかり気をつけて行いましょう。そしてメイクを落とした時には、しっかり保湿しなくてはいけませんから、保湿を忘れないでください。 洗顔後のお肌は、デリケートなのでしっかり保湿しないと乾燥して小じわの原因にもなってしまうことになります。 目元は、付け忘れがちではありますが、とても乾燥しやすいので、しっかり付けるように心がけましょう。 そして専用のリムーバーで、アイメイクを落とすことで擦ることがなくなり、色素沈着もしませんし、乾燥も防ぐことが出来るのではないでしょうか。 このように正しい落とし方を覚えておくだけで、肌に負担をかけることが減りますし、綺麗な肌を長く保つことが出来るのではないでしょうか。

ポイントでリムーバーやクレンジングを変えるとなると、面倒ですしお金がかかってしまいますが、お肌のことを考え、お肌を綺麗のままで保ちたいと思うのであれば、このように使い分けるのが1番だと思いますので、試してみてはいかかでしょうか。

↑ PAGE TOP