メイクアップアーティスト 給料

メイクアップアーティストの給料などについて

美容系が大好き、人を綺麗にする仕事をしたいということで、メイクアップアーティストになりたいと考えている人がいると思います。 では今回は、メイクアップアーティストになったときの給料などについて書いていこうと思います。 メイクアップアーティストとは職人と言ってもいいほどのお仕事ではないでしょうか。 給料多そうと考える人がいるかもしれませんが、働き方などが人それぞれで違うので、給与の平均を出すのがとても難しいようなのです。

では働き方で書いていきたいと思います。 フリーランスで活躍している人のアシスタントとして働いている場合であれば、平均年金は~150万円だそうです。

アシスタントというのは、見習いの時期で勉強されてもらっている状態なので、初任給は手取りでも10万円満たないくらいだと考えた方が良いでしょう。 アシスタントは忙しいので、アシスタントの他にアルバイトをする余裕はないようで、アシスタントをするのであれば、貯金があった方が生活がしやすいようです。

次に、企業で勤務している場合は、エステサロンや化粧品会社、ブライダルサロンなどのメイク部門に就職するという人は、非常に多くいます。 このように企業で働く場合は、平均年収が180万円~400万円を超える可能性もあるとされています。 また企業で地位が高くなったり、本を出版するような人であれば、1000万円を超える可能性も考えられるのです。 また企業で働くので、会社員と同様に会社のどれだけ貢献することができるのかも求められてくるようです。

ヘアメイク専門のプロダクションで働いている人の場合の平均年収は、100万円~500万円だそうです。

現場で働くのが未経験の人は、初めはアシスタントなどの雑務を中心に働き、月に10万円程度ですが、実践を重ねて実力が付いきて、3年目くらいになると年収は300万円~400万円程度もらえるようになるようです。

働き始めは、お小遣い程度の収入しかもらうことが出来ないので、空いている時間を有効活用して他のバイトを掛け持ちしている人もいるようです。

特殊メイクや医療関係のメイクアーティスト専門のプロダクションが近年注目されてきていますが、平均年収は200万円~500万円ですが、これよりも増えていく可能性もあるようです。

ではフリーランスの場合は、どうでしょうか。 フリーランスの場合は、かなりの振れ幅がありますが、仕事が無ければ収入は0円ですし、逆に仕事が多くある人であれば、年収は数千万円以上と考えていいでしょう。

また売れている人であれば、テレビや大手の出版社などで専属契約を結んで、オリジナルコスメや美容本、DVDなどを出し、それらが大ヒットすれば、年収は億を超える場合もあるようです。このように売れる人は、一握りと考えた方が良いと思います。

全ての人が成功するわけではありませんし、働き方によって勤務時間や休日が不規則なので、将来的に独立しようと思うのであれば、経営のスキルも必要になってきます。

メイクアップアーティストという仕事は、さまざまな年代の人を接するお仕事なので、コミュニケーションを上手くすることが出来なければ、仕事ももらうことが出来ないかもしれませんから、メイクアップアーティストになりたいと考えるのであれば、そういた所も求められてきます。

このようにヘアメイクには関係ないことでも、必要とされるお仕事であることを覚えておくといいでしょう。また多くの仕事をこなす体力も必要です。

そして人を引き寄せるカリスマ性があれば、徐々に収入もアップしていくのではないでしょうか。

先ほども言いましたが、勤務時間や休日は不規則です。 勤務時間に関しては、長くなりがちで、仕事によっては早朝から深夜までなんてこともあるようです。

休日に関しては、土日関係なく、休日も遠きに決まっていません。 撮影じゃなくても仕事があったりなので、土日に休めることはほとんどないと考えた方がいいでしょう。 多くはシフト制での勤務になることが多いようです。

メイクアップアーティストはとてもやりがいがある仕事でもあると思います。 長く続けていれば、自分の腕を認めてくれるお客さんも出来てきますし、そういった人が現れれば、もっと上を目指そうと思う気持ちが生まれるのではないでしょうか。

人と接する仕事なので、責任感やプレッシャーを感じてしまうと思いますが、お客さんに喜んでもらえることで、次への活力になるのではないでしょうか。

また立ち仕事なので、体力ととても消耗してしまいますし、人と接するのでストレスも溜まってしまうと思います。また勤務時間も休日も不規則なので、不規則な生活になってしまいます。そういった面は大変な所でもあると思いますが、これらを踏まえて、メイクアップアーティストになって、人を綺麗にして、喜んでもらいたいと思うのであれば、頑張ってメイクアップアーティストになる価値はあるかと思います。

どの仕事をしても大変なのは大変ですから、根気強い方が良いのかもしれません。

↑ PAGE TOP