特殊メイクアップアーティスト

特殊メイクアップアーティストについて

特殊メイクのメイクアップアーティストについて書いていきたいと思いますが、まず特殊メイクというのは、映画の特撮の1つで、主に俳優の顔に人工物を付て、別の顔を作り上げる技術のことを言います。 また特殊メイクは顔だけではなく、体に施される場合もあります。

特殊メイクを具体的に説明すると、怪我をしている皮膚を表現したり、怪物の顔や体を表現したりするときに、用いられます。 有名な映画で言うと「猿の惑星」でも、俳優が特殊メイクをしてサルを演じています。

また特殊メイクの技法として最もポピュラーなものは、アプライエンスメイクという物だそうです。 この技法は、液状の特殊ゴム素材をミキサーで撹拌し発泡された後にオーブンで焼き上げて、柔らかいスポンジやシリコン、ゼラチン等から作られたさまざまなパーツを俳優などの身体に張り付けるように行われていきます。

他にもメイク用のパテを直接顔などに盛り付けて成形していく、ビルドアップメイクという技法もあるようです。 このような技法を使うことで、若い人がお年寄りの特殊メイクを行い、お年寄りを演じることも可能になるのです。このような時には、特殊メイクでシワなどがリアルに表現されるのです。

また特殊メイクというのは、自分達が普段している、一般的なメイクアップとはまったく違う技術なので、特殊メイクを基礎や知識を専門学校で学ばなければいけません。 そして専門学校などの卒業後には、その道で活躍していくメイクアップアーティストがとても多くいるようです。 あなたが特殊メイクを学びたいと思うのであれば、先ほども言いましたが、専門の学校に通い基礎や知識を学ぶというのが一般的だと思います。 そして専門学校やスクールに入学したら、特殊メイク科や特殊メイク専攻といったコースをしっかり設置している所があります。 このような専門学校などに通うことで、特殊メイクをする時に必要な知識や技術を学ぶことが出来るので、通い学んでいくといいのではないでしょうか。

他の分野で働くメイクアップアーティストと同様で、特別な資格が求められるわけではありませんので、専門学校に通わず、全てを独学で身に付けて行くという人も中にはいますが、自分だけで特殊メイクのスキルを磨いていくというのは、とても難しいと考えた方がいいのではないでしょうか。

また卒業後の就職先については、特殊メイクの専門会社や特殊メイクを扱う工房などが代表的になっているそうです。ですが、専門会社や工房の数は、あまり多くはないようです。 特殊メイクは、専門性の高い仕事であるので、基礎的なスキルが身に付いている人の方が採用してもらえる可能性が高くなるのではないでしょうか。 また卒業後に、海外に留学をし、今以上に技術を高め、留学先で活躍をするという人もいます。

皆さんは、テレビや映画で多くの特殊メイクを目にしてきていると思いますが、怪我などは本当にリアルで痛々しさが表現されていますよね。 なので、どれだけ傷などをリアルに表現できるかも、特殊メイクにはすごく重要なポイントではないでしょうか。 誰が見ても本物の傷にしか見えないほどの物を作るのは簡単なことではなく、とても大変なことだと思います。 でもとても素晴らしい技術ではないでしょうか。 ハロウィンに特殊メイクで怪我を作ったりする人が多くいますが、やはり基礎的なスキルが無ければ、いくら頑張って作ったとしても、リアルさが出ませんよね。 なので、しっかり基礎的なスキルを学ぶことで、よりリアルさを表現できるようになるのではないでしょうか。 またハロウィンもよりリアルさを出すことが出来れば、怖く見られますしグロテスク感が出ると思います。 初めは誰でも、失敗してしまうこともあると思いますし、リアルさを出すことが出来ないかもしれませんが、それを乗り越えていくことで、技術が身について行くのではないでしょうか。

実際に海外で活躍している特殊メイクアップアーティストもいます。そして海外で活躍している特殊メイクアップアーティストは、日本人がとても多いようです。 日本人は、手先が器用で細やかな神経を持っていて、その繊細さを生かすことが出来る仕事の1つだと考えられているのです。 有名な日本人の特殊メイクアップアーティストは、江川悦子さんという人だそうです。 この人の活躍で、日本人は手先が器用ということが海外に知れ渡ったと考えてもいいのかもしれません。 江川悦子さんは、とても有名なようなので、この人を目指して特殊メイクを学んでいるという人もいるかもしれません。 また誰かを目標として学んでいけば、より頑張れると思いますし、その人に近づきたいと思って頑張る活力になるのではないでしょうか。

やはり何をするにも、壁があり、乗り越えなくてはいけません。 乗り越えることが出来れば、成長することが出来るのではないでしょうか。

↑ PAGE TOP