若返りメイク ポイント

若返りメイクポイントについて

女性であれば誰でも若返りメイクポイントが気になるのではないでしょうか? 女性は年を取るとだんだんお肌のことが気になるので、メイクの仕方も変えていかなくてはいけません。

女性なので、いつまでも若く見られたいと思いますし、老けて見られるのは絶対に嫌なものです。 諦めてしまう人もいるかもしれませんが、多くの人は、出来れば諦めたくないですよね!!

そして他人に老けた印象を与えてしまう部分は、目元のくすみや目尻、ほうれい線、口角のたるみだと思います。 それらを隠そうとして、厚化粧をしてしまう人もいるかもしれませんが、それは逆効果になってしまうので、やめた方が良いでしょう。 若く見られるためには、厚化粧をするのではなく、目立たなくすることが大切なのです。

下地を使う時には、下地を手のひらに出し馴染ませ、指の腹を使い、中心から外側に向かって伸ばしていきます。 カバーを高めたいと思う部分は、指の腹で叩くようい細かく付けていきます。 そして最後には、スポンジで表面を軽くたたき、余分な油分をとっておくといいでしょう。 そしてほうれい線が気になるという人は、自分の肌よりも明るいコンシーラーを使い、ほうれい線の内側に塗り、肌と同系色のコンシーラーを外側に塗るり、馴染むように伸ばしていくと自然になります。

ファンデーションは、タイプがいくつかありますが、リキッドタイプの物を選ぶといいでしょう。自分の肌よりも少し明るめの物を選んでください。 下地をしっかり塗っているので、ファンデーションの量は豆粒くらいで良いかと思います。 そして厚塗りするのではなく、薄く塗るように心がけましょう。 厚塗りは逆に、気になる部分を強調されてしまうので、気をつけてください。

次にパウダーですが、パールが入っていない粒子が細かい物を選ぶようにいて、直でのせていくのではなく、手の甲で馴染ませてから、下から上にのせていきます。 そしてブラシを使って、余分な粉を落とせば化粧崩れを防ぐことが出来ます。 目元は、濃くしてしまうとくすんで見えてしまうので、ナチュラルにするように心がけるといいでしょう。 目尻を少し持ち上げ、赤みのある部分にコンシーラーを馴染ませると、フェイスアップに効果的です。

またアイホールに、ラメ入りの明るいベージュ系のシャドウを塗ると、くすみを軽減することが出来ますし、ハリ感が出ます。 涙袋の所には、寒色系のシャドウを使うことで、たるんでいるのを引き締まっているように見せることが出来ます。 そして目尻の3分の1に寒色系の色を塗り、残りの部分は、明るいベージュ系を塗ってあげることで、白目を綺麗に見せることが出来ます。 アイラインを引く時には、目尻を少し持ち上げて引くと、目尻が引きあがって見えるので、若々しく見せることが出来るのです。

眉毛は、正しい眉の形にしてあげることで、若返って見えるようです。 実は眉毛は、若返り効果が高いパーツなのです!! 正しい形って何?と疑問に思ってしまうと思いますが、両眉の眉頭の高さがしっかり合っていれば、バランスが良く見えます。 眉毛の形を合わせるのは、大変ですが、眉頭の高さを合わせるように気を付けましょう。 また細く書くのではなく、少し太めで鋭角な形にするだけで、フェイスラインが引き締まるので、若く見られます。 細いアーチ状にしてしまうと、老けて見られてしまうので注意しましょう。 また眉頭をしっかり濃く書いてしまうと、老けてしまれますので濃くなってしまった時には、ブラシを使いぼかしていきましょう。

唇には、口紅をリキッドタイプにするとグラマラスな唇になります。 口角をあげるだけで若く見えます。

チークを使う時には、頬骨の上にチークをのせると、頬の位置があがるので、リフトアップ効果になります。 色は、コーラルピンクやコーラルベージュが良いでしょう。 丸く塗ってしまうと頬が垂れて見えるので注意してください。

また若く見られたいのであれば、ハイライトを使いましょう。 Tゾーンや逆三角形ゾーンにパールが入っているハイライトをのせ、ブラシで軽く触れるくらいの力で何回もするとツヤが出ます。 目の周りのCゾーンには、Cの字を意識してハイライトを入れると、美肌感や透明感を増し、若く見えます。

このようにポイントポイントで、気を付けることがあります。これを覚えておき、ポイントでメイクしていくことで、今以上に若く見られるようになるのではないでしょうか。

女性はいつまでも若く見られたいと思うのは、当たり前のことだと思います。なので、「老けて見られるけど、年だから仕方ない」と諦めてしまうのではなく、このように化粧で若く見られるようにチャレンジしてみてはいかかでしょうか。

他人に実年齢よりも若く見られれば自身が付きますし、とても嬉しいですよね。そしてそう言われることだけでも、肌は綺麗になってくと思います。 なので、積極的に若返りメイクをして、実年齢よりも若く見られるようにしてみましょう。

↑ PAGE TOP